放射線科

放射線科について

 放射線科というと、多くの方々はレントゲン写真を撮ったり、CTやMRIなどの検査を行うところと考えているようです。実際、放射線科を専門とする医師がない病院では、そう考えて間違いありません。

 しかし、放射線科の専門医が常勤している当院では、単に検査を受けるだけの所ではありません。

 放射線科の医師は、どのような仕事をしているかあまり知られていませんが、実は外来で説明されるCTやMRIなどの画像を、専門の目で読み解く仕事(画像診断)や、外科や内科から依頼を受けて、血管の中に管(カテーテル)を入れて血管の様子を調べる造影検査などを行っています。

 更に、血管造影検査の技術を使って狭くなった血管や傷ついた血管を治療したり、腫瘍につながる血管の遮断や抗がん剤を流すなどの幅広い治療(IVR:アイ・ヴイ・アール)を行っています。

 放射線科は、画像診断とIVRを駆使して質の高い診療を支える”縁の下の力持ち”的な存在です。