新しい治療法「インプラント」

新しい治療法インプラント

 歯科領域では、インプラントは人工歯根という日本語で置き換えることができるでしょう。何らかの理由で歯が喪失された後に、人口の葉を顎の骨の中に植えて、歯が失われた部分に歯を補う治療法です。

 歯科領域では、このような喪失した歯を補う治療法を総称して「補綴(ほてつ)治療」と言いますが、これまでの補綴治療で最も安易なものは「義歯(入れ歯)」という方法でした。もちろん、義歯でも食事ができ、見た目の改善もできます。

 しかしながら、最近の生活レベルの向上に伴い、かたいものを咬みたい、美しく自然に見えたい、といった欲求が増加しています。

 そこで喪失した歯を補う新しい治療法として「インプラント」が開発されたのです。

 

歯を失えば

 野生動物の世界では、歯の喪失は死につながります。我々人間では、入れ歯などのいわゆる歯の代用物があります。

 また、食べ物もやわらかく、歯が無くても栄養接種が可能であるため、歯の喪失が市に直結することはありません。

 そのため、多少歯が悪くなっても放置する傾向にあり、歯を残すことが出遅れになることも多いでしょう。

 何歳になっても、好きなものをしっかり咬んで食事したいとだ誰もが思っていることでしょう。野生動物も我々人間も歯は命を守る大切な体の一部です。

これまでの補綴治療

歯の喪失後、咬んだり話したりするための治療法には、大きく分けて二つの方法があります。「固定式の治療法」と「取り外し式の治療法」戸があります。

 前者は「ブリッジ」と呼ばれるもので、喪失した歯の両隣の歯を削って歯の形をした装置を接着剤で固定する方法です。

 後者は「義歯」と呼ばれるもので、ほとんど歯を削らず、歯と歯ぐきの型をとって、歯の形をした装置を入れるもので、いわゆる「入れ歯」のことです。

「ブリッジ」の場合は違和感も少なく、しっかり咬めることができますが、両隣の歯をたくさん削る必要があります。

「義歯」の場合は、型をとるだけで比較的簡単にできますが、取り外しをしなければならない(手入れが大変)、審美性(見た目の美しさ)、咬合力(咬む力)が劣るという欠点があります。

インプラント治療前に

 むし歯や歯周病が口の中に残っていると、インプラントを行ってもうまくいきません。

 インプラント治療をする前に、口の中の状態を改善する必要があります。

 きちんとしたブラッシングができておらず、虫歯菌や歯周病菌が多い口の中の環境だと、インプラントは永くもちません。

 天然の歯と同じように永くインプラントの歯を保つためには、口の中をしっかりと清掃する必要があります。

 したがって、まず虫歯、歯周病の治療をきちんとして、口の中がきれいになってからインプラント治療を開始する。というのが正しい治療順序なのです。

新しい治療法「インプラント」の仕組み

 失われた歯を補う新しい治療法として、最近注目されてきたのが「インプラント」です。

 歯科・口腔外科領域でのインプラントとは、人口の歯の根を顎の骨に埋め込んで、咬む力にも耐えうる丈夫な歯をつくっていく治療法のことです。

インプラントには大きく3つの部分に分けることができます。

・インプラント体・・・骨の中に完全に埋まってしまう部分                 ・アバットメント・・・インプラント体と人口の歯をつなぐ芯の部分             ・人工の歯   ・・・歯そのものの部分

 また、アバットメントと人工の歯をあわせて上部構造といいます。インプラントを利用し、口の中に回復された歯は入れ歯とは異なり、しっかり固定されることになります。

 インプラント治療というのは、天然の歯とほぼ同様の機能を回復する高度な治療法なのです。また、インプラントは1っ本の歯の欠損から、多数歯欠損まで、様々なケースに対応することが可能な治療法なのです。

インプラント治療の適応

 「インプラント治療は誰でもできるのでしょうか?」という質問を耳にしますが、一般的な歯科治療が受けられる人は誰でもできます。

 しかしながら、次のような人は現在のところ治療してもうまくいかないことが多いため、受けることができません。

全体的(体)な問題として                                ・歯を抜いたりする一般的な外科手術ができない人                     ・重度の糖尿病、肝臓疾患、心臓疾患などを有する人                    ・頭顔面部に放射線照射治療を受けたことがある人                     ・喫煙量の多い人

局所的(口の中)な問題として                              ・顎の骨が吸収し著しく少ない人                             ・歯周病治療をしていない人                               ・歯ぎしりの強い人

インプラントの手術について

 手術の方法も様々ありますが、基本的には2回行う必要があります。

1回目の手術でインプラント体(天然の歯では根にあたる部分)を顎の骨に埋め込みます。傷の治りや、骨とインプラントが結合する期間(3~6か月)を待って、2回目の手術を行います。

2回目の手術は「頭だし」と呼ばれるもので、インプラント体の上に土台を立てて歯ぐきの上に アバットメントを出す手術です。

 ただし、1回目の手術も2回目の手術も、どちらも入院する必要はありません。

 インプラントの本数にもよりますが、外来で局所麻酔で行う手術であるため、手術後すぐに帰宅できます。

 親知らずを抜く手術のようなものと考えていただければ、よく分かっていただけるでしょう。

インプラント治療後のメンテナンス

 天然の歯が歯周病になって歯を支える周りの骨が吸収し、歯が動いて抜けていくのと同じように、インプラントの周りの骨も吸収していくことがあります。

 天然の歯もインプラントの歯もしっかりと清掃し、口の中の細菌をコントロールしないと長持ちしません。

 正しいブラッシングの方法は、専門のスタッフが丁寧に指導していきますので、一緒に一生懸命頑張りましょう。

 また、歯周病や虫歯の治療と同様に数か月に一度は定期検診が必要となります。

 ブラッシングのチェック、薬液による消毒など、歯科衛生士による専門的な清掃を受けることによって、天然の歯もインプラントの歯も永くもたせることができます。

インプラントのトラブル

 トラブルがおこるのは、大きく分けるとインプラント体に関するものと、上部構造に関するものの2つに分けることができます。

 まず前者の場合ですが、一度インプラント体が骨にしっかり結合すれば基本的にはあまり怒りにくいものです。

 最近のインプラント体は、骨に結合しやすいように様々な工夫がなされており、特別に細菌感染などが起こらない限り、成功するといってよいでしょう。

 後者の場合は様々で、上部構造が割れてきたり、外れたりするなどのトラブルがあります。その場合は、早期に発見して上部構造を再制作したり、調整して再装着すれば対応できます。

 自分自身ではお口の中はなかなか見えない者ですから、定期的な診察を受けて、トラブルの予兆が無いかをチェックしていく必要があると思います。

インプラントの歴史

 1990年代中ごろから、歯科領域でのインプラントが臨床応用されるようになりました。様々な種類の材料が試され、チタンという金属が歯を支える顎の骨に結合することが発見されました。さらに、骨との結合様式や組織との親和性に関する研究及び臨床研究が数多くなされ、インプラントの確実性が証明されました。現在では、日本だけでなく広く海外に渡っても受け入れられるようになりました。

インプラントは何年くらいもつの?

 歯を治す時、よく「この歯は何年くらいもちますか?」と質問されることがあります。まて、値段の高い歯は長持ちすると思っている人は多くないでしょうか?

 半分は正解で、半分は間違っています。かぶせる歯の材質によって値段が変わってきますが、これは健康保険で認められている材料とそうでない材料があるからです。

 奥歯にかぶせる金属の歯でも種類はたくさんありますし、前歯(白い歯)でも、様々な種類があります。

 基本的には値段の高い歯の方が良い材料を使うので丈夫だと思います。まて、入れ歯でも、プラスチックの歯と金属の歯があり、やはり金属の方が丈夫でしょう。とはいえ、良い歯で治してもその後の手入れ(歯磨き)や、定期検診を怠っている人はそうでない人に比べて、歯の喪失が早いという研究結果があります。

 インプラントも同じです。天然の歯やかぶせた歯と同じように、その後の手入れ、定期検診をしっかりしないと脱落することはおおいにあります。

 逆に、インプラントも天然の歯も、手入れ、定期検診をしっかりすれば長持ちすることでしょう。インプラントを入れたら終わりというのではなく、長く大切に付き合っていく必要があります。